術くらべの巻


ある日、幸之進キツネと与三郎キツネが術くらべをした。話し合いの結果、
幸之進キツネが先番となって、日時、場所を約束して別れた。


当日、与三郎キツネが来てみると、向こうから美しく着飾
った花嫁行列がしずしずと進んできた。呆然と見とれてい
ると耳のかたわらで大きな笑い声が起こり、同時に花嫁行
列も消え失せた。 幸之進キツネ得意の七化けの一つであった。


次は、与三郎が見せる番である。幸之進キツネが約束の日
時に、定められた国道の松並木までやってきて、松の木に
登り与三郎キツネの七化け妙技を待った。

向こうから堂々と行列を整えた大名行列がやってきた。
「うまい。本物そっくりだ」と感心していると、幸之進
キツネの松の下を行列が通りかかった。

「うまいぞ」と幸之進キツネは、松の
木を揺さぶった。すると、ささや松葉
が行列の上に降りかかった。武士は、
「何ヤツ!」と松の木を取り囲み、幸
之進キツネを引きづりおろし、一刀両
断に切り殺してしまった。

行列は本物であったのだ。あらかじめ
大名行列のあることを知っていた与三
郎キツネは、それを利用して好敵手を
なきものにしてしまった。<おわり>




TOPへ戻る
HPにもどる