防府出身者・在住者のための情報掲示板2011年No.947

・・・ただ今、投稿募集中!お気軽に、どうぞ!・・

掲示板メニュー 前の掲示板 次の掲示板 投稿はこちら このサイトを推薦します

No. 登録日付 お名前 ご住所 内  容
9470 6/18 小川拓志 杉並区 ○kaz.kさんへ
「友」視聴させて頂きました。
1回目ジィーーーンときて
2回目最後の歌詞「ずっと友達」が心に残り東京一八会(防高昭和43年3月卒)の数十人にメールでこのYou Tubeを紹介しました。
そして3回目に聞いた時は泣けて涙が出てきました。
すぐにメールのお礼が数人からありました、ありがとうございました。
○かわぐちさんへ
同じような年代ですね。
今年「東京一八会」の幹事ですので、最後まで笑って過ごせるコツがありましたらアドバイス下さい。 tmyn39yahoo.co.jp です。
9471 6/20 taka21 防府市植松 1996年6月17日よりこのサイト中の掲示板がスタートしました。
15年になりました。ありがとうございます。
みなさんのお陰です。
15年経ち、ネットの環境も変わり、FcaebookやTwitterのようなソーシャルネットワーク全盛の今、いまだに、このような形式で行っています。そこが、いいのではないかと思っています。
そろそろ、デザインも本格的なリニューアルをしたいと考えていますが、時間もない状況です。また、3年前に購入した安価なPCも古くなり、ソフトの進化と共に、かなり速度も遅くなり、そろそろ新機種購入も考えなくてはいけません。
今なら残せる、昭和30年代、昭和40年代なども充実させたいと思っています。多くの県外でご活躍の皆さまへ、少しでもホッとしていただければと思っています。
私自身の年齢と共に、自治会などの役も受けるようになり、なかなか更新がタイムリーにできなくて、ご迷惑をおかけしています。
どうか、皆様方のご理解ご協力、よろしくお願い申し上げます。

追伸 今日、家の畑でなすびがとれました。

○長ねこ♪さんへ

ありがとうございます。
感謝しています。光浦醸造さんの「まほうだし」と「まほうつゆ」よかったですね。

○kaz.kさんへ

情報ありがとうございます。地元でも話題になっています。

○かわぐちさんへ

ありがとうございます。
そうですね。秋穂への旧道ですので、思い出深いですね。今も通ると、バスで通ったあの道が懐かしく感じます。今は秋穂行きのバスも本数がかなり減少しました。昭和40年代はバスの本数も多く、乗客も多く、車掌さんの「次は、大道駅です。お降りの方はありませんか?」という声と共に、思い出します。

○G.Aさんへ
ありがとうございます。感謝しています。まだまだがんばってまりたいと思います。
そうでした。今ではブロードバンドが当たり前ですが、当時は、電話回線がまだまだ主流でした。その中での掲載でしたね。よく覚えています。懐かしいです。

○小川拓志さんへ
ありがとうございます。
夢、よかったですね。
9472 6/23 taka21 防府市植松

○テレビの思い出

恥ずかしい話しですが、ようやく地デジテレビを購入しました。価格が下がったこともあり、安いものを購入しました。仕様も機能もわからずに、メーカー指定もせずに、お持ち帰り特価を選びました。ただし、ブルーレイまでは手が出せませんでした。

幼稚園の頃に初めて白黒テレビが家にきたことは、はっきりとは覚えていませんが、小学校時代に、カラーテレビが家に来たことははっきりと覚えています。感動しました。まだ、カラー放送が全ての番組ではなかった時代でした。NHK教育テレビはほとんどが白黒放送でした。だから、小学校の各教室のテレビも白黒テレビでした。その教室のテレビはテレビのふたを開けるとスイッチが入り、閉じるとスイッチが切れるようなテレビでした。

当時のわが家のテレビは、足が4本あって、丸いチャンネルがVHSとUHSの2つありましたね。デザインも木目調で、重厚な感じがしました。百恵ちゃんとか見ましたね。

大学生で上京した昭和55年春。私の一部屋のテレビは白黒テレビでした。あとは、カラーボックスが1つだけでした。
友達のアパートにカラーテレビがあると、すごいなぁと言ったことを思い出します。そのころから、ビデオが出始めました。
大学生時代には、バイトをしてお金を貯めてビデオを買う というのを、よく聞きました。

先日、亡くなられた児玉清さんが司会のパネルクイズ アタック25は、白黒テレビでは、パネルの色がわからない番組でした。

私は、ビデオよりも、当時話題となったパソコンPC-8801を中古で買ったり、電話の債券をローンで買いました。
ビデオは、社会人になってからテレビと合わせて購入しました。テレビもブラウン管ではあるが、平らなもので、周りも黒色で、デザインは今の地デジと同じような感じでしょうか。でも、奥行きがあって、相当重いテレビでした。

そのテレビが、いつのころからか、新聞の販売促進の景品でもらえる(今はもちろんだめです)ぐらい安くなり、気がついたら地デジになりましたね。

地デジはたしかにきれいですが、カラーテレビがわが家に初めて来たような興奮はなかったですね。
わが家では設置できる部屋がありませんが、地デジでも、巨大なテレビだと違うのかもしれませんが・・・。

携帯電話でもワンセグが見えるし、車でも地デジが見える今では、あまり感動することはないのでしょうか。
でも、あのころはあの感動があったから、夢をもてがんばったような気がします。


○2011年6月23日の防府市内

梅雨の中休み、晴れましたね。
旧国道2号の佐波川大橋からの撮影です。上流を向いています。
右田ヶ岳などが見えます。
2011年6月23日防府市佐波川大橋からの風景

9473 6/24 sensor 防府 創設15年おめでとう。色々ありますが古希を越えいまだ頑張っています。それにしても地震から大雨、猛暑と次々の異変、不安ですが頑張るよりありません。好きな山頭火の句に「やっぱりひとりがよろしい雑草」と、「やっぱりひとりはさびしい枯草」がありますが、枯草はやっぱりさびしいですね。
9474 6/24 taka21 防府市植松

○sensorさんへ
ありがとうございます。
また、防府のためにありがとうございます。
連日お疲れ様です。
今週の日曜日に、生涯現役学会の総会が防府市文化福祉会館でありますが、また、お会いしそうですね。
そうでうsね。枯草はさみしいですね。でも、それまでに燃焼尽くした感じが私は好きですね。

9475 6/27 kaz.k 京都市中京区 ○祝、掲示板15周年
今から15年前の今頃、自分はどうだったかな〜と思い起こすと、前年に阪神・淡路大震災が発生して、関西地区は神戸を中心に復興ムードの途上にあって一方、当時の自分は所帯も安定期にあって坊主は幼稚園に通う可愛い盛り、家庭での話題はというと、最終回が訳わからんかった新世紀エヴァンゲリオンはどんなラストを描くのか?といったことで夫婦の会話が成立するという、極めてのん気な生活ではなかったかと思います。パソコンは仕事で少し一太郎を使う程度でインターネットもハシリの頃で家庭にはまだまだ、ケータイの機能も“単なる電話機”然としていて、今の環境とは程遠かったというか、随分違うものだったと思います(いろんな意味で←自爆)。現在もBlogとかtwitterはノリ(?)が理解できず、未だに手を出していません。同じ理由でmixi、Facebook等も同様です。「ソーシャルなんちゃらって、何よ???」(←オッサンの証)って感じですね。ともあれ、当掲示板の開設15周年おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

○テレビの思い出に関連して(してるか???)
地上波デジタル放送完全移行も目前に迫ってきましたが現在、自分の部屋にあるテレビは未だに14インチのブラウン管テレビです。アンテナ入力に平打ケーブルを使うタイプで音声も当然ながらモノラル、TOSHIBA製品ながらMade in Taiwan、この掲示板が開設された15年前にはすでに手中にあって、その後の家庭の修羅場も見てきてますから相当なシロモノです(笑)が、簡易チューナーでお手軽地デジ化対応し、まだまだ現役です。何年も前から磁化の影響で画面左上の色がおかしくなっていたはずが気にならなくなり、コントラストも良化して観やすくなりましたね。ただ、大画面テレビの普及で放送テロップが小さくなっていますから、14インチでは文字情報が非常に見づらいというか、遠目になるとほとんど読めまっしぇん。

京都に出て四半世紀が経ちますが実は、ホンマに自分のお金でテレビを買ったのは一度しかありません。知人が引っ越すときに譲り受けるとか、引っ越したら誰かが買ってプレゼントしてくれるとか、だいたいお金を出さなくても手に入れてきましたから“世間の回り物”的な感覚が抜けません。バブル期以降、今の世の中物余りですからね、液晶テレビも新型にこだわらなきゃ、そのうち回ってくるだろうと思っています。そんなですから前述の通りのテレビ環境なんですが、AVセレクターを介してDVDとコンパクトオーディオを組み合わせているので、最近よくある5.1chサラウンドとかだと、それなりに迫力は楽しめています。逆に、今の新型で揃えたらどんだけ良ぅなんの???ですね。

さて、子供の頃のテレビはといえば、ゴールデンタイムは“大人の時間”で子供にはあまりチャンネル権がなかったように思います。まともに受信できるのはNHK総合、NHK教育、KRY、TYSの4局だけ、ブースターを無理やりかまして北九州の電波が半分砂嵐の中にかろうじて映るような環境でした。よく観たのは、学校から帰った頃にやっていた中村雅俊さん主演の青春ドラマの再放送とか、お決まりの「マジンガーZ」や「宇宙戦艦ヤマト」「ガンダム」といったアニメ。「サンダーバード」や「謎の円盤UFO」といったSFシリーズも大好きで、今度発売になるDVDコレクションは、知人との間で「フルコンプリートしようか」という話になっています。中学〜高校の時は、古くなって廃棄するはずだったテレビを離れの自室に持ち込んで、勉強するふりをしながら「ザ・ベストテン」とか「必殺シリーズ」をハシゴで観てました。
先日、NHKの人形劇「新八犬伝」について「マスターテープの一部が所在不明になっているためDVD化できないらしい」という話を耳にしました。是非もう一度観たいのですが、事実だとすると残念ですね。

○空と山なみの描写は間違いなく防府(でも、あの麦畑はやっぱ埼玉・・・?)
マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]」、取り寄せてみると、店に偶然在庫が残ってたとかで、図らずも初回限定版が回ってきました(←ちょっとラッキー?)。日頃はミサイルやビームやらが派手に飛び交う類の作品しか観ないので、新鮮な感覚で楽しめた98分でした。敢えて評の類は控えます。ただ、期待通りでツッコミどころもあって、何回見ても楽しめます。が、観終わって外に出ると、防府のような広い空を眺めることは京都の街中では不可能だということを思い知らされます。蛇足ですが、これまた図らずもジブリ作品の新作DVD(「〜アリエッティ」ね)も手に入って、作品世界の違いを楽しんでおります。
「マイマイ新子」「友」と続けて昭和の防府を舞台にした作品が出ました。次は是非、中学〜高校〜卒業の初恋話などテーマにどなたか、と期待するのですが・・・。また「友」のCD化に向けた動きなんかは、防府ではどうなんでしょうか。
9476 6/27 taka21 防府市植松 ○kaz.k さんへ
ありがとうございます。
思い出があるのですね。ありがとうございます。

掲示板開始は1996年6月ですが、サイトを立ち上げたのは、その前年の1995年8月です。阪神大震災があった年です。防府市でも結構揺れました。震災の情報発信で、ネットが注目されました。そして今年、東日本大震災。山口県内でも、冷房がきいていない施設が多いですね。日曜日に、防府市文化福祉会館(通称、文福)での会議でも、冷房は一切入っていなかったです。

子どもの頃のテレビは、まったく一緒です。現在、子どもが夜にケーブルテレビで放送している「ど根性ガエル」を見ているのを見ると、非常に懐かしいですね。これも、夕方に再放送していました。
「新八犬伝」も、よく見ていました。学校でいつも 「われこそは、玉梓(たまずさ)が怨霊(おんりょう)」とまねていました。どきどきしながら、放送を見ていました。

ブラウン管から液晶やLEDとなって、子どものころが、また遠くになったような気がします。
地デジテレビは、テレビでなくすでにパソコンですからね。
地デジとなって、番組の作品の質もよくなればいいですよね。

地デジによって、RKB毎日放送やKBC九州朝日放送のような九州波を見る機会は減りそうです。

CMでは、不景気である点と費用対効果の点で、ローカルCMが少なくなったのが残念です。20年前から30年前の静止CMもなくなりました。ブルー背景で白文字だけのCMもありましたが・・・。とくに、地デジ化でさらに、制作費用の関係で、地元の会社のCMは減少するかもしれませんね。

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]」、はいいですよね。私も好きです。ほっとします。

「友」の動きは聞いていません。しかし、DVD化したらうれしいですね。
9477 6/28 taka21 防府市植松 ○2011年6月28日の防府市内
梅雨空の防府市内。晴れたり曇ったり。その晴れ間に撮影をしました。
いつもの防府市植松の風景。田んぼの向こうに、山陽本線。貨物列車が、ガタッゴトッとのどかに走っています。
一番右側の山は、右田ヶ岳です。その左側が、西目山です。
2011年6月28日防府市植松

防府市伊佐江(寺開作あたり)から、東を向いて撮影しました。
左手の手前の山は桑山、遠くの正面の山は大平山、右手の山は江泊山です。糸崎倉庫のある一本道です。振り返ると防府北基地の飛行場が見えます。ちょうど滑走路の延長になります。
2011年6月28日防府市伊佐江
9478 6/29 kaz.k 京都市中京区 >地デジとなって、番組の作品の質もよくなればいいですよね
本当にそう思います。放送人は心せよ!と強く言いたいです。先の投稿で「新八犬伝」に触れましたが、永遠に幻の作品になりそうです。マスターテープは一部どころか、ほとんどが放送終了直後に消去されて現存するのは3話分だけだそうです。ひどい話です(怒)。国営放送の親方日の丸体質ですかね、人形の辻村ジュサブローさんや坂本九さんをはじめ、すごい人達が作り上げたすばらしい作品なのに残してないってどういうこと!!(怒怒怒)国民感情としては万死に値すると思いますが(怒怒怒怒怒)。
キャラ的には浪人・網乾左母二郎(あぼしさもじろう)や舟虫、、関東管領扇谷定正(おうぎがやつさだまさ)も好きでした。「抜けば珠散る氷の刃」の口上はもう聞けないのかしらん(T_T)民間からの発掘も絶望的だそうです。こうやって良き昭和が失われていくんでしょうか・・・本日これまで!
9479 6/29 taka21 防府市植松 ○kaz.kさんへ
新八犬伝は、本当に残念ですね。家の居間のブラウン管テレビの前で見ていた自分を思い出します。

それは、身近な資料でも同様だと思います。
写真がフィルムからデジタルに変わり、ビデオからDVDやブルーレイに変わってきています。また、データもFDやMOからUSBメモリーなどへ変化しています。
昭和50年代から今までの貴重なデータが、失われつつあります。これからも変わるでしょうね。
防府に関するものも、同様です。
さらに、激動の昭和の戦前戦後を生き抜いた方々が、高齢化されています。その方の証言集とかも欲しいものです。

10年前に近所のご老人で、シベリヤ抑留を経験された方のお話を伺いました。空腹と極限の中での生活をお聞きしたことを覚えています。その後、残念ながら亡くなられました。このような証言は、ご家族にも話されていないこともあり、今となっては、私の記憶だけに残っています。

塩田の苦労、マイマイ新子の時代を生き抜いた昭和30年代の話しなど、貴重だと思います。賑やかだったマルシンあたりの風景など、写真と当時働いていた方々の証言なども欲しいものです。
メディアは、これからも変わっていくでしょうから管理が大変です。
有志がいいのか、以外と費用がかかるのでNPOがいいのかわかりませんが、なにか手を打ちたいなぁと思っています。
そのアーカイブを見れば、さまざまな方が、確かに私は当時ここにいたと確認できるようなものができれば、いいなぁと思っています。映画などの娯楽や繁華街の情報も入れたいので、行政では無理でしょうね。NPOでしょうか。

防府サティもイオン防府に変わって3ヵ月。ニチイと言っていたのも昔話となりましたが、もうすぐサティも昔話になるでしょうね。時の流れは速いです。


掲示板メニュー 前の掲示板 次の掲示板 投稿はこちら このサイトを推薦します

私の好きな防府の場所は? アンケートにご協力を!