防府出身者・在住者のための情報掲示板2014年No.995

・・・ただ今、投稿募集中!お気軽に、どうぞ!・・

掲示板メニュー 前の掲示板 次の掲示板 投稿はこちら このサイトを推薦します
掲示板のこのページの評価をお願いします。
No. 登録日付 お名前 ご住所 内  容
9950 11/24 そら色 広島市 久しぶりに家族と御神幸祭に行ってきました。実家の母も広島へ引き取っているため防府は空き家にしている実家とお墓があるだけです。駅前のホテルに泊まりました。
駅の周りはマンションもたくさん建っていますね。

昔は天神町を通過していた裸坊は、今は通らないのでしょうか。
駅通りも歩行者天国でしたが、露天もめっきり減っていますね。

天神町もシャッターが閉まっている店が多く、やたら休憩所みたいな所が目立っていました。
それでも昔から頑張っているお店もあって、奥には若かった女将さんが高齢になっていらっしゃって、それでも面影が残っていて懐かしかったです。
私は松崎っ子でしたから、天神様の祭りはとても親しみがありました。

只、悲しい事に裸坊に「怖い人」がたくさん見られました。金髪や仰天する髪型をして暴言を吐きながら(兄弟ワッショイではなく)タバコを吸いながら、という人を多く見かけました。子供たちも怖がっていました。

人は見かけではないのですが、神様を祭る行事なので もっと節度を持った裸坊になって参加して欲しいです。
転勤で徳島へ居たころも、お揃いの着物でチンピラまがいの人が踊りに参加していましたが、翌年から規制されました。
広島のとうかさんのお祭りも今では大きな暴力的な問題も鎮圧されています。
天神様は日本で有数の格式ある神社です。
私の家は代々天満宮の役職をしていたのですが、鬼籍に入った祖父達も仰天していることでしょう。

御神幸祭、来年はどうするか懸念しています。
9951 11/25 taka21 防府市植松 ○N・Yさんへ
投稿ありがとうございます。そのころの、鞠生の松原は、きっと立派な松原ではなかったのでしょうか。松食い虫や大きな台風の被害で、かなり様相が変わりました。
また、昔話をどうぞ、よろしくおねがいします。

○そら色さんへ
投稿ありがとうございます。
ホテルまで泊まっての帰省、どうもありがとうございます。
思いが伝わる投稿です。
来年からの消費税が上がる前にということでしょうか。多くの古い建物が壊されたり、新しく建設されたり、来年までには、町の風景もかなり変わりそうです。
そうですね。でも、多くの方が、祭を盛り上げようと一生懸命にしていることも事実ですので、また、ぜひ、おいでください。
9952 11/28  N・Y 広島市佐伯区
藤の木

taka21様、皆様、寒くなりました。
元気にご活躍のことと推察申し上げます。もうこんな季節?、防府天満宮御神幸祭(裸坊まつり)終わったんですね。
1年経つのが本当に速いと感じている小生です。
で、そら色さん、裸坊に「怖い人」がいたんですか?
それは,すまんこってした。私は裸坊まつりの思いでは小学校低学年でのそれしかありませんが、御神輿集団からはじき出されたのか?
一升瓶を片手にラッパ飲み、荒い言葉を吐きながらあっちにフラフラこっちにフラフラの裸坊さんが怖いといえば怖かったかも。
怖いと言えば、私には鬼祭りの鬼の方が怖かったかも。声や所作から推察して正体は地域の生きのよい青年団の若者と推察れたが、あの鬼達はいったい何処から新田・横入川まで来たんだろう?
鬼祭りも、もう、終わったんじゃろ? 
昔からの風習で祭りにお酒はつきものとは云うものの見物客を怖い目をさせてはイケマセンよね。でも、金髪や仰天髪型は今の時代、ファッションといえばファッション、ま、大目に見てあげてください。

生きのよい若い衆ということで過去の方言投稿の「のんた」「ねーた」について一言、当時20代前半から30代前半の横入川の若い衆は「ぬんたー」「んたー」を使っていた記憶があります。
「そうでありますぃぬんたー」のように喋っていたような気が…子供心にそれがとてもイキで格好よく聞こえたものです。
百間土手さん、そんな覚えありませんか? 
私はとうとう「ぬんたー」を使うことなく年寄ってしまいました。「のんた」はまだ使えるかな。
とりとめもない文章ごめんなさい。いずれにしても、裸坊まつりも年々参加者が激減していて、主催者からの地元・近隣企業への参加依頼が必須だとか、私が以前、勤めていた会社の防府支店の社員も毎年のように依頼に応じ、参加してると聞いたことがあります。
少子高齢化に歯止めかからない今、伝統行事を維持継続するのは今後とも至難の業でしょう。参加者に何かメリット?昔は祭りの当日に限り、映画館への顔パス入場とかあった?とか・・・「怖い人」もいたけど「頑張った人」もいたということで、結局、まとまりのない長駄文で終わってしまった。
御免なさい。

9953 11/29 taka21 防府市植松

○N・Yさんへ
投稿ありがとうございます。
新田の鬼祭があったのですね。知りませんでした。
「鬼まつり」で調べると、防府市春日神社には、鬼まつりがあります。詳しくは、こちらです。
ただ、場所が新田より離れているので、書かれたように、すでに終わったのかもしれませんね。
どなたかご存じではないでしょうか。

方言の「のんた」「ねーた」について
使う方は、今はいないですね。近所のおじさんがよく使われていましたので、子どもの頃に、「のんたのおじさん」と言っていました。そのおじさんは、発音が「のんた」ではなく、「の〜た」で、相手に同意を促すように言われていました。これは、「ね〜た」でも、一緒です。その方は、「そうでありますぃぬんたー」も、「そうでありますぃね〜た」でした。亡くなられて数年が経ちますが、田んぼで、当時は鼎談だった「ねずみ色の上下の作業着」と長靴の姿で一生懸命作業をされていたことを思い出します。「そうであります。」「○○であります。」もあまり使わないような気がします。どちらも、昭和20年代生まれの世代の方ぐらいまでが、使用されているように思います。
そういえば、1990年代から2000年代にかけて、ブームとなった非常にと言う意味の「ブチ」も最近はあまり聞かなくなったような気がします。

今も一般的なものは、「○○しちょる。」「○○しちょるぃねぇ。」とか、「ぐちゅぐちゅ、あれだけ、こねくりまわすしてから」「言ってやったいねぇ。」などの他にも、「さで捨てる」「さで!、捨てたぃねぇ」「とり!、捨てた」とかでしょうか。
あるいは、「たえがたい」「ご心配です」は、ビジネスでも使用しますし、地域ブランドになった「幸せます」も一般的です。
こんなことを考えていますと、方言でしっかりと話ができる方も減少してきているので、きちんと録画をしていないといけないように思いました。

○講演会のお知らせ
2013年12月15日(日)12時〜13時まで、天神ピア(防府市天神1-6-20:商店街アーケードの南端)で「エネルギーをつくる、つかう、ためる」というタイトルでリチウム電池・燃料電池など・・・のお話を44歳の京都大学教授安倍武志さんがされるようです。
入場無料です。
「中高生に理科を好きになってもらおう!」という趣旨ですが、もちろん「サイエンスに眼が輝くオトナ」もだいじょうぶです。
主催:NPO法人山口科学技術子供フォーラム
なお、当日13時10分ごろから目の前を防府読売マラソンのランナーが通過しますので、講演終了したらマラソンを声援することができます。

9954 11/29 ぱくぱく 山口県防府市 防府天満宮前商店会のみなさんが『恋するフォーチュンクッキー防府天満宮ver』をYouTubeにUPされています。

すごく楽しいのでぜひご覧になってみてください♪

http://www.youtube.com/watch?v=tAqxh3ujNS4
9955 11/30 manbou 埼玉県央

29日まで10日間帰省
畑の梅や柿の木 庭のマキの木等の伸び放題が気になりこの時期にしたけれど 寒さが身にしみました 折から20年ぶりの御神幸祭でした 昼頃 家の前を提灯や幟を持った一行がイオンタウンに向かい 提灯に「勝間の浦人」と有りました 友達らしい女性の付き添いが沢山いて時代の流れを感じました
夕方宮出しの時刻に 梅テラス前で待ちました お網代様を石段下まで下ろすのに30分以上遅れたようです 人手が少なく苦労しているようでした 周りには白装束が沢山いても 家族達とくつろいだ様子で気にならないようでした 待ちくたびれて 家に帰り勝間の浦の御旅所への到着を待つことにしました
小さい頃の記憶では 家の裏から田んぼの向こうに御旅所が見え 神事の間 裸坊の皆さんは周りに溢れ出し 田んぼで藁を燃やして暖をとっていたり 怖くて近づけない雰囲気でした その頃は 周りの島々からの裸坊参加の船が港に溢れ 船にみかんを積んでいて 美味しいみかんが沢山食べられました 周防大島辺からも来ていたのだしょうか 港には遊郭が有りました


1.勝間の浦人が勝間を練り歩く
2013年11月23日裸坊祭(manbouさんより)
2.梅テラス前の様子
2013年11月23日裸坊祭(manbouさんより)
3.勝間の浦での神事
お網代様はかなり小型になっています
2013年11月23日裸坊祭(manbouさんより)
4.神事のあとのヒッソリとした御旅所 
勝間中学の頃はこの中を通って通学
2013年11月23日裸坊祭(manbouさんより)

9956 12/17 六甲おろし 静岡県 裸坊、懐かしいですね。松崎小だったので、わくわくしていたのを思い出します。そういえば、
よくけんかをして血を流している人を見かけました。子供だけに、すごくびっくりしたのを覚えています。

父の一周忌で12/14〜12/15で帰省しました。ちょうど読売マラソンの日でした。
コース変わったのですね? 以前は、右田中と徳地の折り返しでしたが、市内を走るのでびっくり。見れてよかったです。年末年始も帰省します。
11月も帰省したので、ここのところ防府が近くなっている気がします。でも、いいですね。旅費はかかりますが、帰省できるのは嬉しいです。
9957 12/19 taka21 防府市植松

○ぱくぱくさんへ
さっそく、見ましたよ。楽しかったですね。

○manbouさんへ
お忙しい中、写真のご提供ありがとうございました。
また、小さな頃の記憶のお話しなどもありがとうございます。
書かれたような小さな頃のお話は、大事な記憶だと思います。時の経過と共に、世代替わりも進行し、久しぶりに訪れたお店も、私がお会いした方は、応対された方のお祖父さんにあたる方だったりすることもあります。当時の様子をお話しても、応対された方が生まれる前だったりすることも。
このような生活密着の情報もきちんと残すことの大切さと同時に、伝えていくことの大切さです。
最近、中心的なご活躍をされていたお元気な昭和1桁生まれの方が残念ながら亡くなり、引き継ぎもなく、全く分からないことがあったからです。
町の歴史を学ぶと、今をより深くよりよく生活することができます。
また、なんでも結構ですので、今後ともどうぞよろしくおねがいします。

○六甲おろしさんへ
いつもありがとうございます。
第44回防府読売マラソン大会は、天候もよく、多くの方々の応援の中、行われました。
1970年(昭和45年)が第1回大会で右田から徳地までのコースでしたが、1990年の第21回大会から現在の市街地のコースになっています。市街地コースも細かくは変化してきています。
以前の徳地の堀までのコースは、KRYラジオで聞いていました。いつの大会か小雪が舞う中のマラソン大会だったときもあったように覚えています。
関西以西のテレビ中継がされるようになってから、だんだんと有名な大会になってきたように思います。とくに今年は、川内優輝選手の12月1日福岡国際マラソンの後2週間後のマラソン出場で、大いに盛り上がりました。
私は、自治会の体育委員を中心とする整理役員(いわゆる立哨)で、今年も約4時間立っていました。コース沿いではなく、車がUターンできる場所の前だったので、川内選手を間近で見ることはできませんでしたが、選手を取り囲むように走るテレビ局や報道の車を見ることはでき、そのスピードの速さにあらためて驚きました。
12月で2回目の2時間10分以内(サブテン)達成は、本当にすごいと思いました。

帰省お疲れ様でした。ほっとされたのではないでしょうか。
私自身、正月に帰省しても取り立てて何もないのですが、ほっとしたことを思い出します。またの投稿をお待ちしています。


下の写真は、防府読売マラソン大会で整理役員の私の担当の場所です。

9958 12/29 COLTS 東京都板橋区 今朝(29日)の池袋東武の広告に防府の杉本利兵衛のかまぼこ「白銀」が出ていると、家内が言うので見てみたら29日〜21日の売り出しで、1本780円で出ていました。「白銀」が売り出しの広告に出るのは初めて見たと家内は話していますが、この辺は、主婦でないと分からないことですが、白銀も健闘しているようです。
9959 1/1 爺河童  茨城県牛久市 taka 21様、防府出身者の皆様、防府在住の皆様、防府に関わりがありこのブログに投稿されているBloggerの皆様、穏やかに晴れ渡った南関東の空から、新年のご挨拶をお届けいたします。
外交閉塞、政権右傾、安倍暴走、憲法改悪、王政復古、明治回帰への匂いが強い世の中ですが、今年も、家内悠々、悠々自適、家内安全、家内健康で、行きたいものです。
向寒のみぎり、皆様におかれましては、くれぐれもご自愛専一にてお過ごし下さい。

掲示板メニュー 前の掲示板 次の掲示板 投稿はこちら このサイトを推薦します

私の好きな防府の場所は? アンケートにご協力を!